DNA検査 発達障害、強迫性障害、依存症関連

DNA検査 発達障害、強迫性障害、依存症関連

これらの問題に関連する遺伝子を特定することで個人の傾向を知ることができ、リスク因子を効果的に避けることを可能にします。

正常、本能的原始脳と言われる中脳辺縁系で行われる連鎖的な神経伝達物質の反応が順調に行われ、報酬、つまり充足感、いい気分が得られます。

しかし、前述の問題を持つ人達にはその部位で順調な反応が起こらない「報酬欠陥症候群」と呼ばれる遺伝的な素因があります。それを補うための行為や物質を求めるようになります。

それらの問題に自然な手段で対処することで効果的に回復を支援することが可能になります。

 

Copyright 2020 遠藤DC治療室(旧 登戸カイロプラクティック)