神経周波数にもとづくトルクリリーステクニックは不注意、多動性、衝動性、強迫性を整えます

人の感情の全ては脳辺縁系で作られると言われています。著名な脳生理学者Candace B. Pert, Ph.Dは脳辺縁系と同様の組織が脊髄後角には更に余計に存在することを報告しました。私達はこれを脊髄辺縁系と呼んでいます。脳辺縁系は蝶形骨の直上に位置していてトルクリリーステクニックでは脊柱を尾骨から蝶形骨までと考えています。

脳は情報処理装置で滅多に間違いはおこしませんが、脊柱はキーボードのように入力装置としても働き,間違いが起きることが多々あります。トーンのサブラクセーションにもとづくカイロプラクティックはこれを修正することで報酬欠陥症候群を解消させます。

充足感やいい気分が得られない、うつ、精神不安、不注意、多動性、衝動性、強迫性などを改善させます。

コメントは利用できません。

Copyright 2020 遠藤DC治療室(旧 登戸カイロプラクティック)